年賀状の無料写真加工サービスその1・美肌に痩身、プロの写真加工を無料体験!

投稿者 :TanabeMami on

写真入りの年賀状サービスをお探しの方が重視する印刷サービスはどんな内容でしょうか?価格の安さ・印刷の品質・納期の早さ…様々な要素で検討されているかとは思います。

 

年賀状デザインと印刷までのサービスをご提供しているanliette(アンリエット)では、年賀状に印刷される予定の写真の加工品質とデザイン性を重視しています。

 年賀状イメージ

年賀状印刷デザインサービスのご提供を開始して4年ほど経過いたしますが、一度ご利用いただいたお客様の翌年のリピート注文が8割を超えており、ほとんどのお客様は画像の加工をこんなにも丁寧に対応してくれるなんて…!と感動のお言葉を頂いております。

 

これまであまりどんなお写真加工サービスをご提供しているかはご案内せず、口コミだけで広まっていたサービスですが、多くのお客様にご満足いただいている年賀状の写真加工サービスの内容をご紹介させていただきます。

 

※この記事ではまず加工の基本内容をご案内していきます。anliette独自の加工内容に関しましては「年賀状の無料写真加工サービスその2anlietteの美肌・痩身加工

」にてご紹介いたします。

 

 

目次

    1.年賀状の写真加工とは?

    1. 写真加工の目的
    2. 写真加工アプリ
    3. 写真加工アプリのメリット
    4. 写真加工アプリのデメリット

     

      2.年賀状写真加工で最も重要なこと

        1. 写真加工の程度

          3.年賀状で加工しやすい写真とは

          1. 1.余白が大きい
          2. スマホアプリを通していない
          3. メインの被写体が切れていない
          4. 縦と横が年賀状に合っている
          5. 一眼レフで撮影

           

          4.基本の年賀状写真加工内容

          1. 明度の変更
          2. 彩度の変更
          3. トリミング

           

          5.基本の年賀状写真加工内容(次記事掲載)

          1. コントラスト変更
          2. ディテール調整
          3. 美肌加工
          4. 痩身加工
          5. 不要物削除
          6. 余白追加

           

          6.年賀状の写真加工を無料で実施する理由(次記事掲載)

          1. よくある加工失敗例
          2. 悩みのポイント

           

          7.年賀状写真加工まとめ(次記事掲載)

           

           

          *************************************

           

           

            1.年賀状の写真加工とは?

              年賀状の写真加工はanlietteでご注文いただいたお客様の9割がご利用いただくサービスです。美肌加工・明るさ変更・トリミングはほぼ全てのお客様がご希望されます。anlietteのご提供する写真加工は、「加工したことが分からないほど自然」に、かつ「加工前よりもグッとキレイに」をコンセプトとしています。プロが写真加工ソフトを使用してご提供しているからこそ可能な品質のため、スマホアプリで不自然に加工されたものとは出来栄えが異なります。

               

              1. 写真加工の目的

              写真加工サービスの目的は、別人のように盛れる写真の作成ではありません。年賀状は身近な方々へ自分の近況をお知らせしたり、新年のご挨拶をするためのものです。過度な加工は特に年配の方宛の場合ほど、ちょっと不思議に捉えられてしまうと思います。anlietteの提供する写真加工は、写真写りが悪いと気にされている方や、画像の一部分が気になっている場合に、本来の美しさを引き出してあげるためのものだと認識しております。

               

               

              1. 写真加工アプリ

              スマホの加工アプリを使用し、ご自身で加工された画像をお送りいただくことが多くあります。確かにご自身で加工されたものは、理想通りの出来栄えになっているかもしれませんので、加工の参考画像として頂戴いたします。ですが必ず加工前の元画像をお送りください。

               

              というのも、スマホのアプリというのは、スマホの画面上で美しく見えるように最適化されてしまいます。結果的に印刷には適していない品質に書き換えられてしまうことが多いのです。加工後の書き出しサイズをご確認いただければ良いのですが、専門では無いと分からないことも多いかと思います。anlietteでは、お客様が加工したい雰囲気を真似てさらに良いものをご提供しますので、加工はお任せください。

               

               

              1. 写真加工アプリのメリット

              1. 簡単に色合いが変更出来る
              2. 美肌調整や不要なものの削除が出来る
              3. 普段から操作に慣れているので、理想の雰囲気が作れる
              4. 画像サイズが軽く出来る

               

              1. 写真加工アプリのデメリット

              1. 印刷品質が低下するアプリが多い
              2. 印刷品質の低下に画面上は気付けない
              3. 細かい美肌調整が出来ない

               

               

              2.年賀状写真加工で最も重要なこと

              年賀状の写真加工で最も重要なことは、前項でも少し記述した通り、いかに自然に加工をするかです。anlietteでは元の画像の本来の美しさを引き出すに留めています。例えば、目鼻立ちがはっきりとしている方は、撮影時にお顔に影が出来て不健康な写真写りになりがちです。その影を軽減するために、お顔の一部にハイライトを入れる等の細かい美肌修正を施しております。

               

              1.写真加工の程度

              自然な加工が最も重要だと考えておりますが、加工の程度はお客様それぞれご要望が異なります。女性ですと、少しアゴ周りをほっそりさせて欲しいというご要望があります。男性ですと、ひげを少し薄く出来ないか?とご要望を頂きます。もちろんそう言ったご要望も大歓迎です。また、中々「ここを直して」と言い辛い方もいらっしゃると思います。その場合はぜひおまかせください。プロのレタッチャーが自然にキレイだなと思うラインまで加工させていただきます。

               

               

              3.年賀状で加工しやすい写真とは?

              基本的にほとんどのご要望を無料で加工させていただいておりますが、加工が出来ない写真や、有料になってしまう難易度の高い加工がございます。加工の出来栄えは元の画像に左右されてしまう部分も大きいので、そもそものご利用いただく画像を出来るだけ良いものをご用意ください。ここでは、見栄えの良い年賀状を作成するための加工のしやすい画像のご紹介をします。

               

              1.余白が大きい

              個人で撮影されるお写真でとても多いのが、被写体がギリギリ入るサイズで撮影されているもの。Instagram投稿用の画像等はそれでも構いませんが、印刷用としてはNGです。
              というのも、印刷物というのは、印刷をした後に決められたサイズへ紙を裁断するのです。そのため、被写体ギリギリに撮影された画像は、肝心の被写体が切れてしまいます。また、一枚の画像を背景に文字を大きく配置するタイプのデザインは、余白部分に文字を配置しますので、余白の無い画像よりも余白の有る画像の方が扱いやすいうえにおしゃれ。撮影する際は余白の美を意識して撮影してみてくださいね。
               
               

              2.スマホアプリを通していない

              前述の通り、スマホのアプリで加工された画像は画質が劣化することが多く、印刷向けの画質になっていません。スマホで年賀状を簡単に作れるサービスは、あくまで簡単に作成することが一番の目的です。印刷品質ももちろん良い印刷機を使用されてはいますが、お客様のご用意いただく画質自体が低品質の場合は、その通りに出力されるサービスです。
               
              また、LINEに保存した画像をダウンロードする場合は、オリジナル品質でダウンロードするかどうかの選択肢が出るかと思います。こちらももちろんオリジナル品質を選択しないと、印刷品質が劣化してしまうのでご注意ください。
               
              なお、一度劣化した画像をキレイになるように加工出来ませんか?というご依頼をいただきます。ある程度の補完は可能ですが、その画像の劣化具合次第になりますので、あまり期待はされないほうが良いです。やはり予め印刷に適した画像を用意することが大切です。
               

              3.メインの被写体が切れていない

              お客様の画像でよく見られるのが、人物の一部が切れてしまっているもの。デザインとの兼ね合いにもなりますが、画像はデザインに合わせてトリミングをする方がバランス良く作成が出来ます。被写体をズームしたり、近付き過ぎた画像は、デザインに当てはめる際に長さが足りないということが多いのです。メインの被写体さえ切れていなければ、加工で背景を追加することが出来ますが、被写体が切れてしまっていると補完が困難となります。
               
               

              4.縦と横が年賀状に合っている

              年賀状印刷サービス各社のQAにも必ず記載されていますが、年賀状に画像を当てはめる場所が縦長の場合は、縦長の画像をご利用ください。縦長の年賀状に横長の画像をご指定いただいてしまうと、長さが足りないために画像を引き伸ばすこととなります。その場合、希望よりも拡大されてしまうケースがほとんどで、美しいデザインにはなりません。
               

              5.一眼レフで撮影

              最近のスマートフォンやミラーレスは一眼レフの画像品質にかなり近付いています。ですが、iPhone7等で撮影した画像をハガキサイズに当てはめた場合の解像度は250dpi程度と高解像度の画像とは言えません。(印刷に用いることは出来ます。)これらの画像をさらにトリミング等で拡大して使用する場合、さらに画像は劣化してしまいます。
               
              解像度という知識は少し難しい内容になりますので、もしご家庭に一眼レフをお持ちの場合は、出来れば大切なお写真は、やはりスマホ撮影ではなく、一眼レフで撮影して残しておくことをおすすめします。

               

               

               

              4.基本の年賀状写真加工内容

              他社の年賀状印刷サービスでも見られる、基本の写真印刷加工サービスをご紹介します。多くの年賀状印刷サービスでは、スタッフが簡単に加工を施している場合と、システムで自動補正をしている簡易な加工内容となります。

               

              1.明度の変更

              お客様に頂くほとんどのセルフフォトは明度の調整が必要になります。特にご自宅でお子様を撮影された画像の場合、お部屋の中が暗いため、明るくする加工が必須となります。近年はふんわりと明るい白っぽい画像が好まれる傾向が高いのですが、印刷では画面上で見るよりもディテールが消えてしまうため、明るくしすぎると白飛び状態で何も見えないといった現象が見られます。そのためどれくらい明るくするかも印刷に慣れたプロの調整が必要となります。
               
              ご自宅で撮影されたセルフフォトの場合、自然光ではなく照明の下で撮影されることが多いため、影の位置が理想通りに撮影されていない写真が多いです。基本的に多くの印刷サービスでは、全面的に一律に明度の変更をされることになります。ですがanlietteでは画像の一部の影を薄くしたり、逆にはっきりと出したい部分は濃く暗くしたりと、細かい明度調整を実施しております。
               

               

              2.彩度の変更

              画像の色味を調整いたします。日本の年賀状サービスの多くは、はっきりと鮮やかな色味が好まれる傾向があります。ですが欧米のトレンドでは、少しくすんだカラーも人気となっております。例えば野外で撮影されている画像の場合、グリーンはパキッとした緑色を好むのが従来の日本の加工です。欧米では少し茶色味を足したアースカラーな雰囲気が人気。anlietteでは彩度の変更はお客様のご要望がございましたら合わせて変更させていただきます。
               

              3.トリミング

              トリミングは全ての印刷サービスにおいて必ず利用可能なサービスかと思われます。年賀状デザインに合わせて画像のサイズを変更します。まれにお客様がご自身でアプリでトリミングをされた状態で画像をご提供いただきますが、画像加工ソフトで解像度の調整をしながら加工しないと、ほとんどの場合で画像の劣化を招きますので、トリミングはしていない元画像をお送りください。

               

              anlietteでは、画像の背景が不足していて年賀状デザインのバランスが悪くなってしまう場合、可能な限り背景拡張を実施して調整しております。この加工サービスも当店の独自サービスで、おそらくほとんどの年賀状サービスでご提供されていません。
              トリミングはお任せください。

               

               

               

              さて、ここまでは年賀状各社でも対応されていることの多い加工内容です。anlietteでは上記に加え、下記加工を実施しております。

               

               

              5.基本の年賀状写真加工内容

                1. コントラスト変更
                2. ディテール調整
                3. 美肌加工
                4. 痩身加工
                5. 不要物削除
                6. 余白追加

               

              次記事の「年賀状の無料写真加工サービスその2anlietteの美肌・痩身加工

              」にて詳細をご案内しておりますので、ご確認ください。

               

               

              *******

               

              年賀状写真加工の基本内容はいかがでしたか?

               

              最近はスマホアプリで画像を簡単に加工が出来るため、おそらくご自身で加工&印刷をされる方もいらっしゃると思います。ただ、ご紹介したように、画像の劣化を招いてしまい、印刷結果が画面のイメージと違うという悲しい声をちらほらと耳にします。

               

              印刷会社によっては印刷に適していない画像も、そのまま印刷してしまうところもあります。

               

              anlietteではデザインデータのみの作製もしていますので、もし結婚報告はがきや出産報告はがきとして年賀状をご検討されている場合は、せっかくなのでキレイな画像で印刷してみましょう。画像加工はお任せください。


              この投稿をシェアする



              0件のコメント

              コメントを残す

              コメントは承認され次第、表示されます。